News Details新着情報詳細

COMOLI ベルベットデニム

WHY NOTです。
名古屋で古着の買取と販売をしております。

 

今最も勢いがあるドメスティックブランドといえばCOMOLIです。

欧米の古着をベースに現代の日本人に合う雰囲気・シルエットをの服を提供しています。

 

ベルベットデニムデニムはそんなCOMOLIらしさを味わえる代表作の一つ。

今回はCOMOLIのベルテットデニムの紹介です。


COMOLIって?

コモリ(COMOLI)は日本のファッションブランド。2011年に小森啓二郎(Keijiro Komori)が自身のブランドをスタートする。

“全ての洋服の原型は欧米から生まれ、ある目的の為に作られた物である。”という考えの基、“今の”日本の気候に合う、日本人の体型に合った、上質でシンプルな日常着を展開。


①デザイン・ディテール

ベルテットの名前通り、一番最初に目につくのはベルトです。

大きめのウエストをベルトでぎゅっと絞って履きます。

ミリタリーから着想を得ているベルトは、フロントのダブルリングで締めるという構造。

バックでベルトが捻じれている独特なデザインですので、ベルトの捻じれを見つけてしまっても直す必要はないです。

 

②シルエット

シルエットはCOMOLIらしいゆったりとしたワイドテーパードです。

ゆったりとしていますが、野暮ったさやだらしなさは見られません。

センタープレスも入っており、上品な印象も感じます。

 

③生地感

 

生地はコットン100%です。

ヴィンテージデニムの凹凸を再現していて、硬くてハリがあるというよりは、柔らかく、シワ感があって柔らかな風合いです。

経年変化も楽しめますが、洗濯をしていくうちに、センタープレスが薄くなっていきます。

しかし、センタープレスがなしの抜け感も雰囲気が抜群です。

 

なお、生地はの厚みは11ozとやや薄め。

真冬だと寒いかもしれませんが、夏では生地が直接肌に触れないのも相まって快適に着用できそうです。

 

④注意点

ベルテットデニムが良いパンツなのは間違いありませんが、強いてデメリットを言うと、下記の2点です

 

1.セルビッジ(赤耳)ではない

2.ボタンフライに注意

 

1:セルビッジ(赤耳)デニムではない

 

 

ベルテットデニムの生地は耳付きのセルビッジデニムではありません。

特にデニム好きの方は頭に入れておく必要があります。

 

セルビッジデニムとは、生地を織る際に旧式のシャトル織機で織り上げられ、デニムの生地の端に耳と呼ばれる部分とほつれ止めが施されているものを指します。

 

デニム好きの方はセルビッジにこだわりを持っている人が多い印象。

必然的に、セルビッジデニムじゃないと履かないという方にはこのデニムは指さりません。

 

2:ボタンフライに注意

COMOLI ベルテッド

COMOLIのベルテットデニムはフロントがデニムのボタンフライではありません。

ジーンズのボタンフライは基本的に打ち込んだボタンが使われていますが、COMOLIのベルテットデニムは縫い付けるタイプです。

打ち込みタイプと比べると、耐久性に劣るので、取り外しの際は気を付ける必要があります。

 

⑤サイズ感

現在WHYNOTにあるベルテットデニムの在庫はブラックのサイズ3とブルーのサイズ4です。

 

目安サイズ

ウエスト

3

M

88

4

L

92

 

 

170cm 60kgが着用するとこのような感じ。

 

 

 

 

 

ブルーのサイズ4は170cmで着用するにはかなり大きいです。

丈詰めされているので、レングスはちょうど良いのですが、全体的にもたつきが感じられました。

 

 

 

 

ブラックのサイズ3はレングスは長めです。ロールアップや丈詰めなどをすれば履けると思います。

全体的なもたつきもサイズ4と比べたら少なく、175cm付近の身長の方でしたらベストなサイズ感で着用できそうだなと思いました。

 

COMOLIのベルテットデニムのまとめ

 

今回はCOMOLIのベルテットデニムを紹介しました。

ベルテットデニムは数シーズン定番で出されているアイテムだけあって、非常に履きやすく仕上がっています。

 

ミリタリーパンツから着想を得ていて、ヴィンテージらしいデニム生地。テーパードの効いた今っぽいシルエット。

COMOLIらしさを存分に感じられる名作です。

 

 

当店のオンラインショップのご購入方法は自社サイトとメルカリショップの二つ。

ご検討よろしくお願いいたします。

 

自社サイト ブルー

自社サイト ブラック

 

メルカリショップス ブルー

メルカリショップス ブラック

 

 

 

 

 

 

 

ショップ
宅配買取
LINE査定
ページの先頭へ戻る